今日はボクのことを少し書きます。

仕事を辞めても、どこかで少しだけ、たとえば週に2回ほど働くか、スパッとすべて辞めてRoccoの散歩と庭で野菜や少しのハーブを作ろうかと思っています。

料理なんかも面白いのかも・・・と考えています。家でじっとしておくのではなくホームセンターやスーパーマーケットに買い物に行ったりして、帰ってから買ったものをなんとかすると、つまり植えたり料理したり・・・。

Roccoとずっと一緒におれるのは楽しいかもしれないですね。

昨日はボクが早めに帰宅してガレージのシャッターをあけると1階のシャッターがすべて閉まっていました。まだRoccoは散歩かなと思いました。

ボクは道路の端に駐めて電話してみようと思いましたが、その時角を曲がって走ってくるRoccoを見ました。喜んでいました。ボクも手を振りました。クルマの音でわかったのだろうか?

ボクが帰るとRoccoは1年ぶりに会ったかのような喜び方をしてくれます。これも時々は見たい気がします。もう少しの時間で結論を出そうと思っています。

昼寝から起きたロッコは散歩までにいろいろなところで寝転びます。しかし外で音とか声が聞こえると飛び起きて窓のところに走って行きます。ほとんどの場合吠えます。

Roccoはあと4ヶ月ほどで6歳になります。先月は狂犬病のワクチンをうち、ダニやフィラリアの予防のためにテレビでもよく宣伝している「ネクスガード」を買い求めましたが、先日は5種混合ワクチンを打ちに行きました。

Roccoは家から外にでるのは1日1-2時間程ですし十分厚い毛におおわれていますから蚊に刺されるリスクは少ないと思いますが念のためですね。混合ワクチンは最初の2年ほどは6種混合を使用しましたがその当日必ず嘔吐したあとがありました。

今回の5種混合ならば翌日の倦怠感があるのかも知れないです。少し元気がないという感じです。

ボクは近い将来医療の現場から離れることになりますが、その時は裏庭に野菜やハーブを植えたいと思っています。プランタンが2つもあれば十分遊べると思います。

Roccoの縄張りはわが家の1階全部と前の庭とRoccoが見える範囲の道路さらにお迎えに筋の庭も入っています。その中に見知らぬ人がいればワンワン吠えます。

将来のために裏庭を見に行くと芍薬がたくさん満開になっていました。
「立てば芍薬・・・」と言われるだけのことはありますね。単に美しいという意味以外に漢方薬から出てきたという話もありますね。でも、美しい花です。

寒暖差はありますが、Roccoにとっては今が一番いい気候なんだと思います。

朝の散歩だけでも1.5-1.7kmぐらい歩きます。散歩中のほとんどは、Roccoには駆け足です。

朝の散歩が6時40分ぐらいから始まります。もう明るいですから・・。

帰って来るのが7時40分ぐらいで、それから足裏を拭いたり洗ったりして、「めざまし」の「今日のワンコ」を見ているようです。そしてRoccoの朝食です。

ボクも連休の平日は「今日のワンコ」を見ていました。仕事場でもなるべく見ています。

朝の8時半頃にはRoccoはお腹いっぱいで寝てしまいます。今度起きるのは12-13時ぐらいです。そのあと軽いおやつを食べて。(ササミ肉すこし)好きなところで寝転びます。

リビングの真ん中で寝ています。少々近くを歩いても平気です。しかし耳は動いています。テレビの音やボクらの話し声には平気ですがインターフォンがなると跳ねるように飛び起きます。

休み明けに出勤するときはいつもRoccoは不機嫌です。しかし吠えたりはしません。

ボクの出ていくのはやむを得ないことだとわかっているようです。

ボクは決してバイバイとかは言いません。「ロッコ、早く帰って来るわな」と言って出ます。

Roccoがいることで、ボクは毎日癒やされています。

人生の最終コーナーでRoccoと出会えたことに感謝しています。

夕食後しばらくの間いろいろなところで過ごすRoccoですが、ボクが何も食べないとわかるとなるべく見つからないところで寝ようとします。ソファーとムートンの敷物の間に入り寝ていましたが、様子を見るために顔を出したところです。

一昨日のブログでボクが2階で寝ているときのことを書きましたが、Roccoは長い時間ボクを探し玄関で長く待っていたようです。

トイレにも風呂場にもいないので探し疲れたRoccoはボクが2階にいることは確信していたようで、何度も階段の上を見ていたようです。

最後には玄関と階段の両方に近い場所に座り込んでいたようです。なんとも言えない忠犬ぶりです。

ボクはRoccoのためにもう少しは元気で生きていかないとダメです。

ボクがいなくなったらRoccoはいつまでボクを待つのでしょう?考えるとかわいそうで・・・。

Roccoは玄関のドアの方を向いてボクを待っていたり、階段に身を乗り出して待っていたりしていたそうです。この姿を頭に焼き付けてクルマで帰る道では「ロッコ、もうすぐ帰るよ」とつぶやいています。ドライブレコーダーには録音されているかも知れないです。

ほぼ毎日休みのような日々でした。

連休のどの日だったかはっきりとは覚えていないのですが、ボクの体調がよくない日があり夕方まで2階で寝ていたときがありました。とにかく全身の倦怠感が強かったのです。そしてやたら眠かったのです。

ボクが目を覚ますとボクの胸の上にRoccoが乗っていました。そして心配そうにボクを見ているような気がしました。ボクはRoccoが落ちないように抱きかかえて何度も頭や背中をなでてやりました。そしてRoccoがいなくなるとボクはまた寝てしまいました。

次に目が覚めたときもRoccoがボクの胸の上にいました。

こんなことが3回ありました。

Roccoは何度もボクを探しにトイレや風呂場を探していたようです。

そしてやっと眠りから覚めたボクが階段を降りていくと階段の下でRoccoが上を見てシッポを振っていました。

Roccoがなおしてくれたような気がしました。不思議な1日でした。

ボクが口を動かしているのでRoccoは何を食べているのか知りたいようで、ボクの足の上に乗りボクの口元に鼻を近づけていました。

ゴールデンウイークに入りましたがボクの勤務は暦通りの勤務です。有給を使って10連休ぐらいにはできたのですが、よくよく考えれば祝日のない6月などに休みを取りながら仕事をする方がボクに合っていると思いました。

今日からRoccoと一緒の時間が多くなりうれしいです。早速たくさん写真を撮りました。これから梅雨にかけてRoccoの散歩がかわいそうなときがあります。レインコートはありますがシッポは外に出さざるをえません。また頭にかけている帽子は飾りみたいなものでいくらかぶせてもRoccoは上手に頭を振り帽子をはずします。

頭と尻尾はいつもずぶ濡れで帰ってきます。足も短いしお腹の後ろ半分はレインコートでは覆われていませんのでここもぬれています。

今日は風も少しありますし雷注意報も出ているため今日の午後の散歩は中止にしました。

雨の降るのをながめていました。鳥も来ないし人も通らないのでRoccoが吠えるようなこともないですね。宅配も通りませんね・・・ボクがイスから降りないで「ロッコ」と呼びかけるとこちらを見たのでパチリと写しました。